電話加入権活用方法 TOP > 電話加入権活用方法 > 電話加入権の休止について

電話加入権の休止について

例えば、事業を閉業する場合や店舗を閉店する場合、一時休業する場合など、このような場合は電話加入権を使わなくなると思います。

では、「電話を使わない=電話加入権を解約する必要がある」?というと、解約以外にも方法があるのをご存知ですか?

まず「利用休止」
固定電話をまた使うことがある場合は、こちらがいいでしょう。
最大10年間休止することができます。(途中5年で更新が必要になります)
しかし再利用する場合は電話番号が変わるので注意が必要です。
そして10年間が過ぎてしまった場合は、自動的に解約された物と取扱になってしまいます。
必ず利用休止をしたら延長申込をするか、何かしら電話会社に連絡をしてください。

電話番号を変えずに休止したい場合は、「一時中断」という方法もあります。
こちらは無期限で利用を休止できます。電話番号も同じ物を利用できます。
しかし毎月回線使用料の支払いが必要になるので、ご注意ください。

もちろん「解約」という方法もあります。
こちらは絶対に電話を使うことがない場合に限ります。

このように、休止・解約にはいろいろな種類があります。
そしてそれぞれ、対象回線がありますので、自社で使っている電話回線の種類を把握しておいてください。
回線によっては利用休止が手続き出来ない場合もあります。

自社のニーズに合わせて、上手に休止方法を選んでみてはいかがでしょうか?
それぞれ手続きや工事費がかかる場合があるので、よく調べてから申込しをしてください。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話加入権活用方法 All Rights Reserved.