電話加入権活用方法 TOP > 電話加入権活用方法 > 移転時には電話加入権と電話番号はどうなるの?

移転時には電話加入権と電話番号はどうなるの?

新しいオフィスに移転する・引越の予定がある場合。
気になるのが電話加入権も引越できるのか?ということです。

もし電話加入権は新しく契約し直してください!という決まりがあったら、移転するたびに約4万円の出費がかかることになります。
電話番号はできれば変えたくないのが普通だと思います。
例えば、同じ市内に移転した場合でも、必ず電話番号も変えなくてはダメなのか?
事業者の方なら必ず直面する問題だと思います。

まず電話加入権について。
電話加入権は、一度購入すれば引越・移転などで違う所で電話を引くことになっても、再購入の必要はありません。
これは新規・中古関わらずどちらも同じなので、安心してください。

では電話番号については?
同じ市内でも場所が変われば番号を変えなくてはいけないのか…
これは「移転した場所による」が正解です。

電話番号が変わるか変わらないか。
一番重要なのは、「収容局が変わるか変わらないか」です。
これは、地域によって電話会社で定めている収容局があります。
ですから、同じ市内でもA町はA収容局・B町はB収容局、と変われば引越時に電話番号を変えなくてはいけません。

電話加入権は再購入の必要はナシ。
電話番号は移転先によって。
わかっていただけたでしょうか?

電話番号が変わるか不安な方は、一度電話会社に問い合わせることをお勧めします。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話加入権活用方法 All Rights Reserved.